• Mansaku Ikeuchi

ケトジェニックダイエットとマラソンのエイドについて

猫が車の外を巡回していたので、本日はラッキーデイ!



というわけで、朝ランを。

昨日の12kmに続き今日は8km!

のつもりだったんだけど途中から足に違和感感じたので6kmで終了〜。

奥さんの疲労骨折もあったし、ともかく怪我が怖いんでw

というか10日くらい休みなしで走ってるし、今日はワクチン接種なので、明日明後日とゆっくり休みたいと思います〜。

あー嬉しい♪



さてさて。

そんなわけで昨日気になったことは「マラソンのエイド」ですね。

エイドとは水分やエネルギー補給のこととなります。


人間の身体は糖質をエネルギー源にしているので、走る時も体内の糖質を使います。

なので、体内の糖質を使いきると低糖質になって気持ち悪くなったり、足が止まって動けなくなるんですね(これは経験あり)。

だからフルマラソンではこの「ガス欠」を防ぐために、5kmごとに携行ジェルでエネルギーの補給をする人もいるみたいです(これは経験なし)。


と、ここまでは一般的な話なんですが、イケウチみたいにケトジェニックダイエットをやってる人はエイドどうしたらいいの?

ってのが今回気になったところ。


そもそもケトジェニックダイエット(以下「ケト」)は糖質を大幅に制限してメインのエネルギー源を糖質から脂肪に切り替えるダイエットです。

糖質はほとんど取らず、代わりに脂や肉を取る。

だからガス欠防止に補給するとなれば、ゆで卵(どうやってカラをむくのかは謎)とか、チーズとか、サラダチキンになるわけです。

後はMCTオイルを飲む、とか。

走りながらそんなことしたくないw


というわけで低糖質のエイドのことを調べてみると、ウルトラマラソン関連の記事が参考になりました。

100kmとか走るウルトラマラソンは1レースで6000カロリーとか使うみたいなんで、シビアなエネルギー補給が必要なんですが、なんとなんと!

ウルトラマラソンで食事を超低糖質(ケト)に切り替えたところ、まったくの無補給で走れたそうです!

たしかにエネルギーとなる脂肪が体内にいっぱいあるわけですからね。

脂肪が使えるなら外から糖質取る必要ないってのは納得。


つーわけで朝一に飲んでたカフェラテやめて完全に糖質ゼロの状態で12kmを1時間かけて走ってみましたが、ガス欠にもならず問題なし。

分からないですけど、脂肪を燃やして動けてるのかもしれません♪


ま、本番は42kmあるのでね。

今後走る距離を伸ばして、無補給で問題ないならその方向で行くことに。

補給用のエナジージェルを何個も携行しなくていいってのは魅力的ですからねw



はい。

というわけで今回はここまで。

さっき4回目のワクチン接種をしたので、明日はその様子をお伝えしたいと思います〜。

ほんじゃまたね〜。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Just Mu Daily Life. Thank You.