• Mansaku Ikeuchi

地球に優しいプラ袋を使ってみた、の巻

昨日のできごと 11/23/2019


京都から帰ってきた翌日。

どーゆーわけだか3時に目覚める。

「神経の高ぶり」やら「加齢」なんて言葉が浮かぶけど原因はなんであれ寝不足には変わないわけですからね(笑)。

眠くなったら昼寝すればいいや、と活動開始。

早起き好きだしね。


と、そんなわけで、昨日は一日中編集やら文章書いたりとかしてました。

あと、前にソーラパネル設置の話を進めているって話を書きましたが、工事をお願いする業者さんに連絡してエアコン設置の見積もりを頼んだり。

ソーラパネルが導入されたら晴れた日の日中は電気代を気にせずエアコンを使えるようになるし、冬の間のプロパンガスの節約にもなるし。

ゆくゆく蓄電システムがもう少し安くなったら、なるべくCO2を排出しない暮らしをしたいなぁなんと思っているのです。

あとはハイエースをEV化できたら完璧なんですけどね〜。


なんてじわっと環境の話になったところで本題の環境に優しいプラスチック袋。

そうそう。

海洋プラスチックゴミの問題が気になって、こんなもんを買ってみたんですよ。

地中で分解されるゴミ袋だそうで、気になるお値段は100枚入りで700円くらい。

ただ、後で調べたら海中で分解されるわけではないので、海に流出してしまうと意味がないみたい。

ま、そんなことはさておきなんですが、今回この袋を買って感じたのはまさに個人の限界っすね。

いくらゴミ袋が生分解性のものでも(海では分解されないようですが)、袋の中に入れる大量のプラスチックゴミは全てフツーのプラスチックですから(笑)。

これはもう自分の力じゃどうにもならないです。

政治が方向性を決めてルール作りをしないと、

どうにもならない問題です。


なんていうんでしょ。

世の中が本当によくなるなら多少の出費は仕方ない、そう思っている人は少なくないと思うんですよ。

自分や家族の生活が一番大事だけど、できる範囲でいいことをしたい、そんな「小さな善意」をもった人はたくさんいると思うのです。

そういう「小さな善意」が大きな仕組みの前に潰されず、キチンと反映される社会になって欲しいなぁ〜なんて切に思いましたとさ。


てなわけでまた明日!

みなさま素晴らしい日曜日をお過ごし下さい♪



万でした



透過MSロゴ.png

世界に誇れる

日本のミュージシャンを紹介する

音楽番組

MUSIC SHARE

  • Twitter
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
download.png

所属事務所「東宝芸能」サイト内

池内万作オフィシャルページ

Cover Photography by Michiyo Ikeuchi

© 2016 all rights reserved by mansaku ikeuchi