• Mansaku Ikeuchi

庭・家いじり第二章 : 工事開始

2020/06/26


どうもどうも。

アブに刺され、チャドクガ にやられ、腱鞘炎になりながら錆びた釘を踏んだイケウチであります。

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

前回で古いウッドデッキの解体も終わったので、今回はその続きです。



廻庭舎の菊地さんがユンボで登場。

柵を外したらギリギリ入れるはずなんですが、坂で車体が傾いてしまいまさかの立ち往生。

大丈夫なんかな…と見ていたら、



ユンボをトラックに載せたり下ろしたりする時に使うラダーレールを地面に敷き、無事敷地内に入ってきました。

いやーすげー。

ユンボあってもいいな…

とか思う自分が怖いw



さてさて。

そんなわけでついに工事開始!

といってもイケウチはなにもしませんけどね。

「この前その辺に電線埋めたんで、気をつけてください〜」


とか言ってるだけ。

ありがたやありがたや。



まずはユンボで地面の均し。

高いとこの土を削り低いところに移動させます。

それがすんだら地面の上をユンボで行き来して踏み固めます。

こんなことを人力でやることを考えるとクラクラしてきます。



あっという間にずいぶんスッキリと。

約45年ぶりに家の基礎が姿をあらわします。

基礎が沈下するとコンクリ部分がひび割れたりするみたいなんですが、大丈夫みたいでホッと一息。



週末や雨で作業できない日もありつつ、それでも作業は続いていきます。

ブロックがやってきたり…



砂利が敷かれていたり。



ちなみに、これ全部菊地さんが一人でネコ(運搬用の一輪車)で運んだんだとか。

最近この手の作業はけっこうやりました。

こういうの思った以上に大変なんですよね〜。

というわけで、残りの砂利運びをお手伝い。



以前はトンバックからシャベルでネコに砂利を移しましたが、ネコに砂利を入れるのはユンボがやってくれるのでかなり楽。

とはいえ一回に運べる量のわずかなことw



けど、2人いるせいか思ったより早く終了。

砂利を敷き転圧をかけてこんな感じに。



そーいやなんの工事かいっさい書いてませんでしたが、だいたい想像つくのではないでしょうかね。

まったく分からないという人は続きをお楽しみにw


というわけで今回はここまで!

次回はかなり凄いヤツがやってきます。


それではまたまた。



万でした




透過MSロゴ.png

世界に誇れる

日本のミュージシャンを紹介する

音楽番組

MUSIC SHARE

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
download.png

所属事務所「東宝芸能」サイト内

池内万作オフィシャルページ

Cover Photography by Michiyo Ikeuchi

© 2016 all rights reserved by mansaku ikeuchi