• Mansaku Ikeuchi

庭・家いじり第二章 : 満身創痍のイケウチと壊れかけたチェーンソーの話


2020/06/21


どうもどうも。

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

ウッドデッキを壊し始めたイケウチです。

キレイに壊して木材を再利用しようかなぁ〜なんて考えをかなぐり捨て、丸鋸で床材を切り始めたというのが前回まで。



こうやって中を見てみると、築50年近く経ち、ほとんどメンテもしていなかったわりには、木材がキレイでビックリ。

これは二階のベランダが雨除けになっていたからだそうです。

でも、集中的に雨が当たるところは完全に腐っちゃってますからね。



水をキチンと処理できないと家はどんどん傷むってことでしょう。

水は怖いなぁ。

雨樋直さなきゃ。


床材を外すと根太(床材を支える木材)に錆びた釘がびっしりと。

錆びた釘踏むと破傷風になるとかいうけど、破傷風になるとどうなるか調べてみましたところ……



発症すると呼吸困難になったり、筋肉が痙攣を起こし、身体が弓反りになり背骨が折れたりすることもあるんだそうです。

発症後の致死率は30%。

恐っ!

これは気をつけなければ…


なんて感じで床板の切断終了!

実は右手首が腱鞘炎気味で丸鋸の重さが辛かったりしますが、もうひと頑張りやっちゃいましょう。



明日明後日には廻庭舎さんがやってきて工事が始まっちゃうので、残った根太と大引をさっさと片付けなきゃなりません。


そこで…


 

この前買ったチェーンソー投入。

右手首に負担がかかりますが、だましだましエンジンをかけて作業開始!

あっという間に半分ほどぶった斬ったところでガス欠に。



チェーンソーに給油する時は、エンジンを動かすためのガソリンと、切断してる最中に刃の焦げ付きを防ぐチェーンソーオイルってのを、それぞれの給油口に入れなきゃなりません。

刃の隣にある灰色のキャップがチェーンソーオイルを入れるとこ。

右下のが燃料を入れるとこ。



ところがイケウチ、間違えてガソリン入れるとこにチェーンソーオイルを入れちゃったんですよ。

エンジンかける前に気づいたので、すぐにチェーンソーオイルを捨てて、タンクをガソリンで洗浄して事なきを得ました。

これ下手するとチェーンソー分解して、エンジンのオーバーホールって大事になっちゃうんだとか。

しかも、わりとよくある事故らしいんでね。

皆さま、チェーンソーの給油の際には(まずしねーよ)ガソリンとチェーンソーオイルの入れ間違いにお気をつけください。


チェーンソーが無事に動いてくれたので、なんとか解体終了!

工具に頼りっぱなしですが、やればできるもんだなぁとちょっと誇らしい気分になりました。

あー疲れた疲れた。



で、疲れたせいか、翌日錆びた釘を思いっきり踏んじゃいましてねw

足の裏からけっこうな出血がありました。

けど、こういう時はしばらく止血せず、血でバイ菌を流しちゃった方がいいんだとか(たまたまそこにいた菊地さんが教えてくれました)。

ワイルドですが、たしかに理にかなってますね〜。

そんなわけでしばらく血を流し、止まったところで消毒してガーゼと包帯で保護。

こちらもことなきを得たようです。


しかしまぁ。

左手はチャドクガ 、右手は腱鞘炎。

この前アブに刺された右足で今度は釘を踏むとはねぇ。

イケウチ満身創痍ですよ。

しばらく休めということでしょうね、これはw



というわけで今回はここまで!

次回からは新たに始まる工事の様子や、細々した話をアップしていきたいと思います〜。


それではまたまた!



万でした



透過MSロゴ.png

世界に誇れる

日本のミュージシャンを紹介する

音楽番組

MUSIC SHARE

  • Twitter
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
download.png

所属事務所「東宝芸能」サイト内

池内万作オフィシャルページ

Cover Photography by Michiyo Ikeuchi

© 2016 all rights reserved by mansaku ikeuchi