READING STORIES

​江戸川乱歩作 怪人二十面相​ 全話アップされてます!! ご自由にお楽しみ下さい。

​トラックリストは上下にスクロール出来ます

​朗読 始めました♪

 ここ数年、祖母のヒマつぶしにと畠中恵さんの「しゃばけ」シリーズ等を読んでいました。

 物語を誰かと共に楽しみ、色々なキャラクターの言葉を声に出して読んでみるというのはなかなか楽しいものです。それがこのコーナーを始めた理由の一つです。

 最近忙しくて読書を全然出来ていないという事もあります。

 そういう人は多いと思うんです。

 本を手に取る時間がない人が、気軽にどこでも「読書」が出来るようにしたいのです。忙しい人はもちろん、車移動の多い人、体が不自由で本を読めないけれど、朗読なら物語を楽しめるという人はいるでしょう。本を「読む」だけでなく「聴く」というオプションもあっていいと思うのです。

 そして「読書離れ」のこともあります。

 本が売れないと作家は食べていけないし、本が売れなくなると、みんなが売れそうな物語を書き始めるので、結果同じような本が書店に並び始め、それがますます「読書離れ」に拍車をかけていると思うのです。

 こんな朗読ですが、「ああ、小説もいいなあ。久しぶりに本でも読むか」なんて思ってくれたら嬉しいです。そして小説が売れて、色々な種類の面白い物語が溢れる世の中になって、そんな小説がドラマや映画になって、面白い役が回ってきたら素敵ではないか…

 なんて大きな事も考えていないわけではありませんw

  あと、単純に自分は面白い話を見たり聴いたりして、「次はどうなるのかなあ〜」なんてハラハラドキドキするのが大好きなのでしょうね。

 朗読っていうと暗いイメージがありますけど、ともかく明るく楽しく聞きやすいモノがいいなあと思ったので、自分が子供の頃にわくわくしながら読んでいた、江戸川乱歩の怪人二十面相から始めたいと思います。

 どんな話か全然憶えていないので、読みながらリスナーさんと楽しめれば、と思ってます♪

 それではお楽しみ下さい♪

 そして、願わくば、この朗読が皆さまの毎日にわずかながらでも、彩りを添えられたら、と願っております!

底本:「怪人二十面相/少年探偵団」江戸川乱歩推理文庫、講談社

1987(昭和62)年9月25日第1刷発行

初出:「少年倶楽部」大日本雄辯會講談社
1936(昭和11)年1月号~12月号

※底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

入力:sogo

校正:大久保ゆう

2016年3月4日作成

青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

(青空文庫より引用)

音楽はhttp://www.jazz-on-line.com/からDLして使用しております。

更新は不定期ですが、週に三〜四を目指しています。仕事の都合で間隔が空くこともありますが、気長にお付き合い下さい。

よろしくお願いいたします。

透過MSロゴ.png

世界に誇れる

日本のミュージシャンを紹介する

音楽番組

MUSIC SHARE

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
download.png

所属事務所「東宝芸能」サイト内

池内万作オフィシャルページ

Cover Photography by Michiyo Ikeuchi

© 2016 all rights reserved by mansaku ikeuchi